モンハンでクロス

モンスターハンタークロスの世界で暮らす中、役立った攻略法などを書いていくブログです!

アシストニャンター再厳選

最初のブーメランニャンターのレベルが50に到達!しかし実際にプレイしていると、ファイトよりもアシストの方が強いのでは?という状況に遭遇しました。

サポート傾向がアシストのニャンターさんと一緒にプレイする機会があったのですが、明らかにアシストの方がサポートゲージの増加が速かったです!試しに自分でもアシストニャンターを雇用してプレイしてみると、サポートゲージがサクサク上がることが分かりました♪採取行動などは勿論のこと、攻撃においてもアシストの方が速く溜まっていくのです。つまりサポート傾向はファイトよりもアシストの方が、個人的には良いと思います!

ただ、アシストの固有スキルには「緊急撤退の技」があるのですが、これが「応援笛の技」になっている場合があるので、多少厳選の手間が増します。「貫通ブーメランの技」は伝授でしか覚えさせられませんので、「緊急撤退の技」と「巨大ブーメランの技」のサポート行動がデフォルトであるオトモを選ぶ必要があります。

またニャンタープレイしていて気付いたのが、とにかく咆哮が厄介ということです。ブーメラン主体の遠距離攻撃だと、モンスターがどのような行動をとっていようと、基本的は攻撃し続けられるわけですが、咆哮時だけはどうしても手が止まってしましますorzこの経験から言えることは、最重要視したいオトモスキルは「防音の術」となります。

ちなみにオトモのレベルが40になりますと、記憶力の枠が6に増えます。つまりその時に入れたいスキルの分まで考えて厳選する必要があるのです(;゚Д゚)「ブーメラン上手の術」の必要枠数は1で奇数なので、それに合わせられるようなオトモスキルも持っていることが望ましいのです。こうして突き詰めていくと厳選の難易度はどんどん上がっていきます。。

レベルが最大の50になろうとも、伝授枠だけは一切増えないため、やはり最初が肝心、しかし先に進めない( ;∀;)誰もが最強かつ好みの猫を作れない所が面白い所でもあるのですがwその他のサポート行動やオトモスキル、容姿や声まで完全に希望通りというは不可能であることは明確なので、ある程度で妥協する勇気も必要だなと感じました♪

そういえば最初の猫ちゃんを育てていた時のことなのですが、レベル49からレベル50に一向にならないという現象に出くわしました。集会所☆4のニャンター専用クエスト「大師範の試練」をクリアしたと同時にレベル50になったので、おそらくこれをクリアしておく必要があったようです。クンチュウ15匹を討伐するクエストですが、エリア7、8に大量に生息しています。その場にいるのを全匹倒しても再度湧きます。そのうち湧くこともなくなるのですが、エリア移動を繰り返せば同じエリアに再度湧いています。よって一人でも十分にこなせるクエストですので、同じ現象に遭った方はぜひクリアしてみてください(*´▽`*)